2017年1月28日の相場概況

先週末27日のNYダウは、前日迄の上昇に対する利益確定売りが先行しました。
重要指標であるGDPの発表があり、市場予想を下回る結果も売り圧力要因となりました。
但し、先行きに対する相場には強気の見方が多く、7.13ドル安と小幅下落で終えました。
保護主義に走る米国の影響は、貿易依存度の高いマレーシア・ベトナム等の新興国での売り圧力要因となります。
ドル円は価格を切り上げての上昇となっています。26日の包み足に対する買いから27日は上昇。
1.1月19日高値
2.1月24日安値
重要と考えられるポイントは上記となります。
月曜日朝の注文通貨<メルマガ参照> 
セミナー受講申し込み

関連記事

ピックアップ記事

  1. 本日の日経平均は、FOMC待ちの状況から売り買い共に手控えられました。 1日の値幅は40円しか…
  2. 今日はこれまでのところ2通貨で決済できました。 その中の1通貨でスリッページと思われる取引があ…
  3. 昨日は、注文がないと思っていたら、微妙なマイナスが記録されていました. 以前も小さなプラスがあ…
  4. 先週末のNYダウ、日経平均 先週末10日NYダウは、注目の雇用統計の発表があり、市場予想を上回る結…
  5. 今日は日曜日なので自動売買はお休みです。 これまでのまとめ 3月1日…
  6. 2017/3/11

    FX自動売買3/10
    こんばんは。 昨日(3/9)の日記の段階でもっていたポジションは、朝起きたら無事に決済されてい…
  7. 本日の日経平均・為替相場 昨日のNYダウは下落引けましたが、雇用関係に経済指標好転でのドル買いに支…
  8. こんばんは。 今日の自動売買はいくつかのプラスがあって、今のところ合わせて18万円くらいプラス…
  9. EUR USD は損失でした。 これは、教えてもらった2つの損失のうちの、仕方のない損失に入り…
  10. 本日の日経平均 NYダウ下落と円高を嫌気した売りが、寄り付きから先行しました。主体は先…

Twitter:@llc_cim

経済指標・市場

FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
ページ上部へ戻る