CIMが提供する自動売買

自動売買の機能

自動売買は、任意の通貨ペアに対し、毎日自動的に高い確率を持つ手法の逆指値注文を入れます。

自動売買を成立させる注文には、3つの大切な価格があります。

・仕掛ける価格:スクールの手法に基づく仕掛けを入れます。
損失価格(損切価格):スクールの手法に基づく明確な損失価格を入れます。
・決済する価格:徹底したルールに基づき、チャートの状況に合わせて決済価格を入れます。

従来の自動売買の問題点を考えて作った、自動売買と提供方式

「自動売買について必ず知っておきたい使い方」にも書いたように、自動売買を行う問題点として①自動売買の問題②自動売買を行う側の問題の2つを挙げました。

この記事を見ている方は、何かしらの資産形成の方法を考えているはずですし、将来のことや家族との今後の生活を考えているはずです。

自動売買の提供をする私達も、関わった方には、投資をして本当によかったと思っていただきたいですし、僅かでも皆さんの笑顔が増えてほしいと思います。

そのため①自動売買の問題②自動売買を行う側の問題をクリアするために、以下のことを考えました。

まずは①自動売買の問題に関して、どのように考えて作成したかをご説明いたします。

①自動売買のプログラムに関して

その1・選択通貨の限定

検証の結果から、相性の良くない通貨ペアでは利用できないよう、動作対象外としております。
注文を入れる対象の通貨ペアは、以下の中から自由に選択をすることができます。

USDJPY/EURJPY/AUDJPY/NZDJPY/CHFJPY/GBPJPY/GBPUSD/EURUSD/AUDUSD/NZDUSD/EURGBP/USDCAD/EURCAD/USDCHF/NZDCHF

その2・トレンドやレンジ相場には左右されない手法

ほとんどの自動売買では、トレンドや特徴的な動きに対して注文を行うため、得意不得意の場面が出現します。

そのため、相場の動きによっては利益確定が難しくなりますが、私たちのスクールで教えている手法は、トレンドやレンジ相場などの動きに左右されることなく、注文が入るものを使用しています。

その3・徹底したリスクへの対応

為替は日々変動し、予測不可能な様々なリスクが起こります。あらゆるリスクを想定し、随時リスクに対する自動売買の更新を重ねています。

主に、以下のリスクへの対応を行います。

1)スプレッド
スプレッドが開いている場合には、注文を入れない対応をしています。スプレッドが開いている時とは、普段の注文価格の計算に使用しているスプレッドよりも大きい場合です。

スプレッドが広がると、意図しない意図しない約定や、本来降りるべき決済が降りない可能性があります。こういったスプレッドが開いている時のリスクを回避するため、様々なプログラムを設定しています。

2)重要指標、重要イベント
スプレッド拡大による意図しない約定や価格の乱高下で損失価格にかかってしまう等が重要指標発表時・重要イベント時のリスクとして考えられます。

リスクが高い時にはトレードを行わないほうが安全です。ですので、このような場合には注文がキャンセルされるように設定しています。

今まで、重要指標の発表、日銀金融政策決定会合や米国大統領選挙といった重要イベントを無事に乗り越えてきました。

3)窓開け
窓開けによる意図しない注文が入らないよう、1日の終わりに注文をすべて取り消します。

 

その4.自動売買を随時更新

自動売買に限らず、投資には必ず損失はつきものです。利益を積み重ねていく中で、損失は起こります。

損失が起きた場合、損失の原因を考え、回避できるものであれば随時自動売買に組み込みます。損失への対応もスクールの教えに基づいて行います。
損失には2種類あると考えています。

・仕方ない損失
・回避できる損失

対応を行うのは後者の回避できる損失です。

仕方ない損失と回避できる損失の区別、回避できる損失への対応。

損失への対応を行った場合は可能な限り、損失の原因考察とどのような対応を行ったかの資料を作成します。スクールの受講コース内容の関係で公開できない事もあるかと思いますが、なるべく情報はお伝えしていきたいと考えています。

 

その5.自動売買の継続的な改良

損失が起きた場合以外にも自動売買に改良を加えることがあります。現在お出しする自動売買は完成形だとは思っていません。そもそも、自動売買開発に完成というものは無いと考えています。

何かを作るとまた新しいアイデアがわいてきます。日々のトレードから自動売買に組み込みたいアイデアがわいてきます。

自動売買の開発に終わりはなく、改良の積み重ねです。損失への対応同様、改良を行った場合も資料を作成し、可能な限り情報をお伝えしていきたいと考えています。

必要な情報を伝える事、これはお金を頂いている事に対する責任であると考えています。

自分が自動売買を使う立場で考えた場合、説明もなく、得体のしれない改良が行われた物にお金を払いたいとは思いません。どのような変更を行ったかが分からない物に自分のお金を運用して欲しく無いからです。お金を頂く以上、その価値に見合うものを提供する責任を感じます。

価値は実際に動く自動売買だけを提供するのではなく、説明等を含むサービス全体で考える必要があると思います。

そして、お金を頂く以上、その価値がお金に見合う必要があると考えています。

ですので、必要な情報を伝える事はお金を頂いたことに対する責任と感じます。

 

②自動売買を行う側への適切なサポート

その1.自動売買を動かすまでのサポート

自動売買を導入したら、すぐに利益がでるわけではありません。導入をしてから証拠金に応じた適切な設定を行うことが必要です。

私たちは、皆さんには長期的に安定した利益を得ていただきたいと思っています。

そのため、自動売買の設定に関して大切なことの説明を行います。定期的に各地で説明を行いますので、もしご参加可能な場合はお知らせください。

遠方の方はメールでご説明をいたします。設定は、難しいものではありません。初心者の方でも可能ですのでご安心ください。

 

その2.自動売買導入後のサポート

自動売買を導入後の不明点は、指定されたメールアドレスへ送信してください。

3日以内にはご返信いたします。

また、皆様からいただいたご質問は、随時自動売買のQ&Aに載せていきます。

 

自動売買の結果

2016/07/25から2016/11/20まで結果は96勝5敗で資産は約+28%増となっています。

今後の結果についても継続的に掲載をしていきます。

稼働期間中に改良を重ねていますので、現在の自動売買では回避できた損失も5敗の中にはいくつかあります。

5つ損失が出ていますがそれでも全体ではプラスになっています。

しかし、絶対に稼げるという保証はできません。世の中には100%というものはないからです。

言えることは、自動売買を動かし、資産を増やせたという事実、銀行でも株でも保険でも同じことが言えますが、絶対というものはありません。

ですが、極限まで徹底して作り上げた自動売買です。素晴らしいものだという自負はあります。

自動売買を行うために必要な環境設定

自動売買を使う為には以下のものが必要です。

1)24時間動き続けるWindows

2)スクール側で確認が取れているトレード口座

1)24時間動き続けるWindows

自動売買は24時間動かし続ける必要があります。スプレッド拡大時のキャンセル等、スプレッドリスクへ対応するために常にスプレッドを見るため、常に動かす必要があります。

自動売買はWindows版のMT4でのみ動作します。iOS/Android版のMT4では利用できません。MacでMT4を動かす手段もありますが、動作は保証出来ません。

Windowsの言語は日本語以外でも可能です。日本語表記と英語表記の自動売買をご用意しております。日本語表示ができない場合は英語表記の自動売買をお使いください。

24時間動かし続けるWindows環境を用意する事が難しい場合、お名前.comデスクトップクラウドForFXがおすすめです。Mac,iPad,iPhone,Androidなどから24時間動き続けているwindowsを使うことができます。詳細は公式サイトをご覧ください。

2)スクール側で確認が取れているトレード口座

流出を避ける為、確認が取れたスクール口座以外では動作しません。

スクール生以外の方は、指定のトレード口座の開設が必要です。指定の口座は取引しやすいスプレッドに縮小しています。

万が一、FX会社の価格ミスによる損失があった場合は、今まで全て返金の対応をFX会社より行っていただいております。

 

自動売買の提供方法と導入の流れ

1)提供価格

初回募集のため、価格を限りなく下げてご提供いたします。3月26日までお申込みの方に限り、以下の価格で提供いたします。

入会費用:45,000円

毎月使用料:5,000円   3ヶ月 14,250円  6ヶ月 27,000円

提供内容:自動売買、手法1つ提供(自動売買に使用しているものではありません)

※投資や口座設定に関することで、不安や疑問のある方は定期的に開催している無料セミナーなどへの参加が可能です。

※100%利益を保障するものではありません。損失に関しては、自己責任でお願いします。

※自動売買は安定していますが、自身で行う方がより稼げることは事実です。ご自身でトレードができる環境にある方は、ご自身でのトレードをお勧めいたします。

※何かしらの身体的障害があり、仕事が制限されている方、今後の生活に不安を感じておられる方は別途こちらをご覧ください

2)自動売買導入までの流れ

①お申し込みフォームからの申し込み

②指定口座へのご入金

③入金確定後、指定FX口座をご案内

④口座開設後にお名前とIDをスクールへお知らせ

⑤IDにて自動売買のライセンスを所得

⑥自動売買のライセンスをパソコンの自動売買に組み込む

⑦自動売買の設定

⑧自動売買の開始

セミナー受講申し込み

CIMFX編集長CIMFX.com

投稿者プロフィール

CimFXは、継続的な運用方法を初心者でも最短で学ぶことができるFX投資スクール。初心者でも、30年以上の投資経験を持つプロと同等に稼ぐことができるノウハウ。FXセミナー・投資講座・自動売買の受講生募集中。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 3月20日は春分の日でお休みだったのですが、FXは動いていました. 最初の…
  2. 3月1日から3月19日のまとめ 3月1日から3月19日まででは165467円のプラスでした。 …
  3. 本日の日経平均・為替相場 本日の日経平均は、FOMCを受けたドル売りからの円高で、寄り付きから輸出…
  4. 2017年3月16日FOMC FOMC政策金利(上限) 前回 0.75% 予想 1…
  5. 今日は今のところ1通貨で決済されて+21916円の利益でした。 仕事終わって、ご飯食べて、家に…
  6. 本日の日経平均 本日の日経平均は、FOMC・原油安・NYダウ下落を受け、売り先行で寄り…
  7. 本日の日経平均は、FOMC待ちの状況から売り買い共に手控えられました。 1日の値幅は40円しか…
  8. 今日はこれまでのところ2通貨で決済できました。 その中の1通貨でスリッページと思われる取引があ…
  9. 昨日は、注文がないと思っていたら、微妙なマイナスが記録されていました. 以前も小さなプラスがあ…
  10. 先週末のNYダウ、日経平均 先週末10日NYダウは、注目の雇用統計の発表があり、市場予想を上回る結…

Twitter:@llc_cim

経済指標・市場

FX経済指標
FX初心者向けの比較サイト
ページ上部へ戻る